パセミヤのお好み焼き

パセミヤのお好み焼きについて

パセミヤを両親が始めた頃は、インスタントのダシだったり大手の製粉会社の海外産の小麦粉だったりしました。時代背景などを考えるとそんな中でもあれこれ工夫していたんだなぁと親のレシピを振り返ると思いますが、僕や姉が入るようになって少しずつ食材を選びなおし入れ替えていきました。唯一変えていないのは尼崎が誇る地ソース、ワンダフルソースのパセミヤ特別ブレンドでしょうか。今のスタイルになったのは豊中時代の後半でそれからはあまり変えていません。


ダシは、昆布とタマネギやにんじん、マッシュルームなどの野菜とハーブ
小麦粉は、北海道産
鶏卵やキャベツもその時期のベストなものを選ぶようにしています。
素材の味を重視して時間をかけてゆっくり焼くことでキャベツが蒸し焼きとなり甘みが際立ちます。
決して濃い味付けにはしていません。

ワインとお好み焼き

ワインとお好み焼きって合うんですか?とはじめてご来店いただいたお客様によく聞かれますが冷静に考えていただいたらわかっていただけるかと思いますが、キャベツだったり豚肉だったり小麦粉だったり、鶏卵だったりシーフードだったりとワインと合わない要素が案外少ないんです。
ソースを控えめにしていただくと豚肉と、キャベツとリースリングとの相性の良さを再確認していただけるかと思いますし、ソースとガメイやグルナッシュなどとの相乗効果は素晴らしいと思います。

自然派ワイン、ナチュラルワイン、ヴァンナチュール、ビオワイン

パセミヤで扱っているワインは自然派ワイン、ナチュラルワイン、ビオワインなどと呼ばれる、持続可能(サスティナブル)で自然の生育サイクルに配慮したブドウ本来の果実味をそのまま表現したかのようなピュアな味わいのものが中心です。樽のしっかりときいたワインとはまた異なる魅力と生産者の声、ブドウの声、その土地の声を聞いていただけたらなと思っています。

パセミヤに来たら

基本はあまりややこしいことは考えずに気軽にワインとお好み焼きを楽しんでもらえたらなと思っています。
ワインもグラスで泡1種類、白5種類、赤5種類は常時ご用意しております。ワインの味わいのヴァリエーションの豊かさを楽しんでいただけたらと。焼きそば、焼きうどんもおすすめなんですけどね。