名前の由来:パセミヤ、PASANIA、パセミア

うちの場合店名がちょっと珍しくてパセミヤと言います。
だいたいが変な語感なんで、「なんでパセミヤって名前なんですか?」
とはじめてのお客様にはよく聞かれます。

もともとは、父の姉夫婦がはじめた会社のいち店舗でした。
それをうちの両親が譲り受け、今に至るというわけで、姉と僕で3代目です。

正確では無いですが、伝聞によると
さいしょ店をはじめるときに、知人が神戸で喫茶店をしてて、
その名前をもらったという話です。
なんでも元遠洋航路の船乗りさんで、「パセミヤ」にしたと聞いています。
僕が生まれる前の話で、ずっと気にも留めていなかったのですが、
雑誌やテレビの取材を受け出すと、間違ったことは言ってはいけないなと
思い調べてみました。

ポルトガル語で「ドングリ」のこととは聞いていたんですが、
pasemiyaで調べても出てこず、綴りをいろいろと変えてみて
見つかったのが、pasania でした。
西日本の公園などでもよくみかける、「マテバシイ」のことです。

で、なにが言いたいかというと
うちの店、かなりの確率で、パセミヤではなく、
「パセミア」に間違われます。
それも昔から知っている人でもよく間違うんです。
けど、根本的に、パセミヤ自体が読みとして間違っているので
もう、「パセミア」でもいいかと思っています(苦笑)
「ル・パセミヤ」って書いてきた方もおられました。

あと、西天満に移転再開する際に、「PASANIA」と書いてダイレクトメールを送ったら、間違っているから指摘したほうがいいかどうかで、夫婦で家族会議をひらいていたかたも・・・。

ま、細かいことは言わず、お好み焼き屋で認識してもらえてたらいいかなぁと。
ちなみに最初の写真は昔のマッチの絵柄です。(昭和40年代くらいかと)